当財団は、次世代を担う人材の育成・教育を目標に国内外で社会貢献を行っております

財団について 財団について

財団について
財団について

「WakuPro(ワクプロ)」
込める思い

ワクワク(WakuWaku)するプロジェクト(Project) プロフェッショナル(Professional)にワクワク(WakuWaku) して頂きたくて命名致しました。
我々がサポートさせて頂く次世代の若者や子供たちが、将来グローバルに活躍する「プロフェッショナル」になり、またその次の世代の若者や子供たちをサポートする善循環が起こる一助となるべく、スタッフ一同、社会貢献に取り組んで参りたいと思います。

一般財団法人WakuPro

理事長 仲臺和子

ワクプロ

めざすもの

1

次世代を担う若者や子供達の
「教育の維持・発展」
「文化・芸術・技術の振興」
「人材育成の促進」

2

各界で活躍する社会人や
経験豊かなシニア達が、
次世代を担う若者や子供たちを
サポートすることにより
新たな「生きがい・やりがい」を見出し、
より豊かな人生を送ること

ワクプロ
ワクプロ

当財団は、これらの貢献を目指し、設立されました。

ワクプロ

私たちの使命

 戦後日本は、貧しくとも若者たちや子供たちの明るい笑顔で奇跡の復興を成し遂げました。

 昨今、生活は豊かになったものの、人と人とのふれあい不足や情緒の不安定化、若者達や子供たちの主体性の欠如や創意工夫能力の問題などが指摘されております。他方、海外に目を向けると、私達日本人が少し忘れている笑顔や人との交流、たくましく創造力に溢れる若者や子供たちの姿を多く目にすることができます。

 また、日本は少子化により人口は減少。将来は海外の皆様と手を携えなければ日本の維持・発展はなし得ないと存じます。このような状況を踏まえ、物質面の豊かさだけではなく、心の豊かさや独創性を高め続けられるような交流機会の提供、教育環境の充実、また志ある若者や子供達の活動の支援を行うことは私達大人の使命であると存じます。

 本財団は、国内外の物品支援や優秀な児童生徒に対する奨学金給付、さらには教育の振興に広く貢献している団体・機関等への支援を通じ、心豊かで高い独創性を持つ若者や子供を育み、その未来を大人たちと共に創造することをもって、わが国の振興と発展に寄与することを期しております。

ワクプロ